メールマガジンバックナンバー

転職 – Next Opportunity – No.223

オフ・ビートオフ・ビートがお届けする転職情報メールマガジン

━━━━  ◆毎週火曜日発行◆http://www.offbeat.jp
– 転職 Next Opportunity- No.223 [2009年6月23日]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

四元です、こんにちは!

今日は東京は陽射しが強いですね。夏みたいです。

昨日、自宅近くの駅で派手に転びました。
誰一人、手をさしのべてくれる通行人がいなくて、都会の孤独を
感じました・・・・笑



◆北田の出たトコ勝負!◆



◇年収についての微妙な心理!?

誰でも年収は多ければ多いほど、いいですよね!!!

こういうご時世ですから、なかなか思うような
転職先が見つからず、

「今までは、1000万円以上もらっていましたが、
こういうご時世ですから、年収を下げないと
いけないことはわかっています。
700万円以上あれば、何とか生活が・・・。」

と言っていたけれども、具体的な案件が出てくると

「やはり、900万円位は欲しいのですが・・・。」

と言い始める人もたくさんいらっしゃいます。

僕は、ニコニコしながら、頷くことにしています。

一方、企業さんも、…………<つづきを読む



◇誰と話す???

ある面接に立ち会った時のお話。

面接官は、社長、役員、部長の3人。

役員さんが面接のリードをしてくださって、
優しく本人の良い面を探ろうとしてくれている。

本人も少々緊張しながらも、僕と話している
時よりも、中味のある返事をしていて、

「なかなかやるなー!」

と上々の出足・・・。

ところが、社長が一言、

「今のキャリアなら、とても任せられないよ。
優秀な人材が採用できているから、
その中で、勝負できるかな?

イチから出直す気持ちがあるなら、
考えてもいいよ!」

これで、イキナリ面接は、緊迫したものになって
さてさて、どうなるかな? と見ていたが・・・。
…………<つづきを読む

——————————————————–
その他の記事はこちらからご覧ください。




◆いちおし!求人情報◆

当社が大変お世話になっている企業からのホットな求人をピックアップ!

※この求人情報は全て《非公開》のため、詳細は記載していません。
お気軽にお問い合せください。

■大手出版会社
IR[東京、~600万円]

■ウェブマーケティング事業会社
営業[東京、~600万円]

■ネット環境の自動診断・サポートのシステム/ソフトウェア開発会社
(1)プロジェクトマネージャー[東京、~800万円]
(2)プロジェクトリーダー[東京、~700万円]
(3)プログラマー[東京、~700万円]
(4)SE(運用/管理)[東京、~800万円]
(5)SE(ドキュメントスタッフ)[東京、~700万円]
(6)品質保証(マネージャー)[東京、~800万円]
(7)品質保(リーダー)[東京、~600万円]
(8)品質保証(スタッフ)[東京、~500万円]

■コスト削減コンサルティング企業
営業顧問[東京、20~50万円/月]

■生命保険会社
法人営業(コンサルティング営業)
[東京・神奈川・愛知・大阪、300~500万円]

■外資系不動産会社
リーシング[東京、600~650万円]

■メディア関連事業会社
メディアビジネスプロデューサー
[札幌・関東・関西・福岡、900~1,300万円]

その他の主な求人情報はこちらから!



◆四元的身辺雑記◆

写真

駄文を載せているとはいえ、おそれおおくも社名と本名で
堂々とブログをやってしまっていることに、時々、躊躇する気持ちも
あったりします。

本名を出して、会社の名前の元でブログを書くという環境は、
ホントに思っていることが言えなかったりします。

匿名だったら、、、「オフ・ビート」の名前がなかったら、、、
もっともっとストレートに言っちゃいたい! と思うことがあるけれど
いろいろなネタ(笑)や表現を、ふるいにかけちゃってます。

まぁ、、、ホンネいっぱいで書いた方が、読んでいる方は面白いので
しょうけれど、そうもなかなか思い切れません(>_<)ヽ

で、ついでに写真もしっかり載せてしまっている訳ですが、
まぁ、はっきりと目鼻立ちがわかるものは敢えて避けてますが、
一応、自分なりに 渾身の一枚! を選んでいるわけです(笑)

おかげで、「ホンモノとは随分違う」という意見もチラホラ(失礼な!)

でも、「自分をしっかり伝えたい」と思う気持ちは大切だと思っています。
必要以上に良く見せる必要はないと思いますが、
でも、「少しでも良く見せたい。」と思う気持ちは、背伸びとか虚勢とか
そういうことではなく、相手に対する礼儀であったりする場合も、
あると思うのです。

なぜそんなことを思ったのかというと。

最近は、写真貼付の書類は随分減ったのですが、それでも、
転職相談にお見えになる方の履歴書の写真を拝見することがあります。

そして、そのご本人がオフィスにいらっしゃると、写真との印象の
違いに「?」となることが結構あります。
大抵の場合は、「写真より実物の方がいいですよね」ということに・・・。

まぁ、会ったときの印象がよくなるのはいいのですが、
「もったいないなぁ」と思ってしまいます。

企業がその方を判断するのは、職歴であったり学歴であったり、
最終的には会って、話して、、、というプロセスをたどりますが、
その入口で必要になるのは書類です。そして書類に貼付されている
写真だって見られるわけです。

写真写り云々は、どうしようもないので、そこは問題じゃないのです。
今はデジタルデータで写真も貼り付けられますから、以前のように
証明写真をわざわざ撮る必要もないことから、ときどき、ものすごく
簡易的な写真を目にすることもあります。写メで撮ったの?
みたいなピンボケとか。。。その結果、実物とはかけ離れた写真に・・・。

実際に会って、中身で勝負!と思うのかもしれませんけれど、
色々な意味で、書類や、写真をきちんとする、ということは、
その「中身」を伝えたい相手への、礼儀になるんじゃないかなぁ、と。

追記:
最近、免許更新しました。撮り直しが効かない免許証の残念な写真を
見て余計、そんなことを思いました(笑)

今週号は以上です。
次回は、2009年6月30日(火)にお届けいたします。
――――――――――――――――――――――――――――
発行  :株式会社オフ・ビート
      東京都千代田区麹町2-12-1 グレンパーク半蔵門102
発行人 :北田 勝久
編集人 :四元 結実
――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (c) 2003 OFF・BEAT CO., LTD. All rights reserved.
掲載記事の無断転載を禁じます。

このページの先頭へ