実戦 転職Q&A

7. 面接で聞かれることBEST5と、そのポイント -その(3)

面接で聞かれること に絞ったQ&Aシリーズ第3弾は、「何がしたいか?」です。
どんどん質問が重要かつ、伝えるのが難しい内容になっていますね。
転職は、まず等身大の自分を知ることから始まる・・・ということですね。


【Q】転職するに当たって、何がしたいのですか?



【A】“何がしたい” ではなく “何が出来るのか“ を答えましょう。

「何がしたいのですか?」という言い方をしていても、企業側が聞いているのは
実はあなたの希望ではありません。
入社してあなたに何ができるのか? 何をもって貢献してくれるのか?
・・・ということが、この質問の本当の意味と考えるべきです。

ありがちな失敗としては、現在の会社で自分のやりたい仕事をやらせて
もらえないので、是非ともその仕事をやらせて欲しい!
ということだけを強く主張する方がいます。
過去に相応の実績を残していなければ、説得力がありません。

まずは自分の足元をしっかり見つめ、その会社に入った時に、まず自分が
貢献できることは何か? というイメージを自分の中に作って、それを
伝えることが重要なのです。

これをしっかりと伝えることが出来る方は意外と少ないものです。
まずは上記のことを伝えた上で、「将来的にはこうしたい」・・・という
本来の希望を述べる方が好感度は高いです。

「自分のしたい仕事を、最初から出来る訳がない」

そう思って転職をすべきです。
当たり前のこと、とわかっていても、自分のことだとメガネが曇るものなので
注意して下さい。

このページの先頭へ