実戦 転職Q&A

9. 面接で聞かれることBEST5と、そのポイント -その(5)

面接で聞かれることシリーズ、ラストの質問です。
これは必ず聞かれますよね。
面接の最後の締めくくり、さぁ、どう対応しますか?



【Q】最後に質問はありませんか?



【A】質問の内容もさることながら、質問を通じて、面接官に
しっかりと自分を印象付けるような面接の終え方をしましょう。

「特にありません。」  
「残業は平均して何時間くらいでしょうか?」

面接に同席していて、思わずヘンな汗をかく時があるのが、
この瞬間です。

このような質問をしていては、「会社に興味がないのだろうな。」
「労働環境ばかり気にしていて器の小さい人かもしれないな。」
・・・と、企業側は思ってしまうかもしれません。

質問の内容によって、その企業への、あなたの関心度、理解度、
情報収集力、思慮の深さ、会社組織や仕事に対する視点・・・
などが表現されるものです。

そういう意味でも、面接官はあなたが何を質問してくるのだろう? と
待ちかまえています。
面接官は決して親切やサービスだけで質問を受けている訳ではありません。

質問内容も選考のうちだと思っておいた方がいいです。

質問内容が乏しい人に、後で理由を聞くと、殆どの人が
「質問事項まで考えてきていませんでした。」と答えます。

なぜか、ベテランの域に入る年齢の人が陥りやすい事象です。
“経験”という自信がそうさせるのかもしれませんね。

「最後の質問」

是非、忘れることなく、事前準備を!

このページの先頭へ