実戦 転職Q&A

12. 役員面接では何に注意したらいいですか?

オフ・ビートが大切にしていることの一つに、
求人を頂く際は、直接経営者または、採用責任者にお会いすること
ということがあります。
理由は色々とあるのですが、そうすることで、役員面接に進んだ候補者の方に、
有益な情報を提供するということでも役立っています。

役員面接・・・いよいよここまで進みました。
さぁ、どのようなことに注意して臨めばいいでしょう?

[Q]面接が順調に進み、いよいよ最終の役員(社長)面接に
なりましたが、どのような点に注意すればいいでしょうか?

[A] 役員面接というのは、会社ごとにその位置づけは異なります。
事前のリサーチと準備をしっかりしましょう。

面接を突破してきたあなたは、それなりのプレゼンテーションや
対応が出来てきたはずなので、基本的にはその延長で臨めば
良いのですが、悔いのない面接とするために、念には念を入れ、
最終準備です。

役員面接の位置づけとは?

役員面接は、会社の規模、職務(採用)権限の所在、応募職種(職位)、
他候補者の存在の有無などで、内容が大きく変わります。 
簡単に言えば、役員面接があくまでも「確認」の場となるか、
「厳しい選考」の場となるか、、、くらいの違いがあるということです。

一般的には大きな組織、現場担当者クラスの職位であれば、
「確認」の場となる場合が多く、その場合は、「人となり」や
「コミュニケーションの仕方」など、パーソナリティや仕事に対する姿勢などの
確認が主となります。
基本的なことですが、のびのびと明るい対応に心掛けてください。

また、最終面接まで自身も選択して臨んで、その会社への志望動機も
高まっているはずなので、その思いは熱く語れるようにしましょう!

一方、小さな組織、マネージャークラス以上の職位であれば、
役員(社長)の権限で採用が決まる場合が多いので、「厳しい選考」の
場所になる可能性は高いです。

その場合は、パーソナリティなどに加え、職歴、スキル、知識などを
厳しくチェックされることでしょう。
まして、その役員(社長)の経歴職種が応募職種と同一の場合などは、
かなり深掘りした質問もある、と想定すべきですね。

いずれにしても、100%の完全燃焼をしたいところですが、
残念ながら実際には準備不足を悔やむ方も多いのです。



ところで、役員面接の位置づけ なんて、どうしたらわかるの?と、
疑問に持つ方もいらっしゃると思いますが、こんな時こそ、
キャリアコンサルタントの腕がわかります!

良いコンサルタントは、企業とのリレーションが良くできているもの。
その会社の面接の仕方の特徴をよく把握しています。

さらには人事部門だけでなく、役員や社長とも面識があり、
経営陣の人柄、そのような人材が好みなのか、経営陣として、
本音ベースで解決して欲しい課題はどこにあるのか? なども
把握しています。

これは大いに参考になると思いますよ。
皆さんも担当コンサルタントから、是非、情報収集を!

このページの先頭へ