実戦 転職Q&A

13. 希望年収を聞かれたら?

実戦!転職Q&Aも13回目になりますが、
お役に立っていますか? どうですか?

さて、今回は「年収」
当然のことですが、転職に「年収」の問題はつきものであり、
本音を言えば、大いに気になるところ、 という感じでしょうか。
今の自分の生活や、現収などから、自分なりに「このくらい」という
希望の年収額があると思います。

その額と企業側の考えている年収が同じ(か、もっと多い?!)なら
悩むこともないのでしょうが、現実はそうとは限りません。
希望の伝え方、年収に対する考え方、など、非常に大切です。



【Q】希望年収を聞かれたら、どう答えればいいでしょう?



【A】「○百万円欲しいです。」 と言い切らないことが基本です。

1次、2次面接の場ではともなく、最終面接で希望年収を再度聞かれたら、
それは選考の最終候補リストに載っている可能性が高いです。

年収の決定は非常にデリケートです。

各社、給与制度のテーブルはあるものの・・・
企業側はなるべくおさえた条件で、
人材側はなるべく高い条件で、
それがお互いの本音だというのは間違いないところでしょう。

控えめに言えば、買い叩かれる?
強気に言えば、それが原因で不合格になるかも?

・・・これ、どちらもあることなのです。



さて、ではどう答えればいいのでしょうか?
悩ましいところです。

基本は、希望年収を聞かれたら、
「○百万円欲しいです。」
と、言い切らないことが肝心です。

なぜなら、言い切ってしまうと、それが全ての判断材料に
なってしまいがちだからです。

内定時に、本音の部分で欲しい額に届かなくて、実は・・・、
となると、企業側も、
「面接時に言っていたことと違いますね?」
と、不信感を抱くことにも繋がりかねません。

また、言い切ることによあって、面接の場が
「交渉の場」になってしまっっても困ります。
その場で判断を迫られるのは心理的もよくないですよね。

そこで、
年俸交渉はエージェントに任せましょう!

企業側との駆け引き、本音の部分での交渉は、エージェント経由で
ビジネスライクに進めてもらえばいいのです。

ですから、希望年収はどのくらいか、と聞かれたら、

「現職(前職)が○百万円いただいておりましたので、
○百万円から○百万円の間で考えていますが、
もし、ご縁があって内定がいただけたなら、
職責や職務のやり甲斐など、じっくりと考えながら、
条件に関しては弾力的に考えたいと思っています。」

このように、金額に幅を持たせつつ、決してお金だけでは考えませんよ!
という、柔らかな言い回しが良いのではないでしょうか?

金額の幅に関しては、求人背景に詳しいエージェントと、
事前に相談しておくこともおすすめします。

このページの先頭へ