実戦 転職Q&A

【役員面接のポイント】 VOL.1 ~入社への熱意~

さて、だいぶ前の記事になりますが、
12. 役員面接では何に注意したらいいですか?

というQ&Aを覚えていますか?

[Q] 面接が順調に進み、いよいよ最終の役員(社長)面接に
なりましたが、どのような点に注意すればいいでしょうか?

[A] 役員面接というのは、会社ごとにその位置づけは異なります。
事前のリサーチと準備をしっかりしましょう。

※※詳細はリンク先をご覧ください。※※

役員面接の位置づけは、会社の規模や職務権限、応募している
職種や職位などで違いが出てくるということでした。

今回は、もう少し別の視点から「役員面接」を掘り下げ、
3回シリーズで掲載します。




*********************************************************
最終(役員)面接の位置付けを上記のQ&Aで記載していますが、
今回は実際のポイントをいくつかご紹介します。

No12で最終(役員)面接は、「単なる顔合わせ」か、「厳しい選考」かの
どちらかである
と書きましたが、別の視点で表せば、

1次2次面接は、
主に経験やスキル面で「合わない・足りない人材をふるい落とす」選考であり、

最終面接は、
主に人間性や姿勢に重点を置き「本当に欲しい人材を見極める」選考である
と言えると思います。

ただし、
「この人材を欲しい」と思う、心の琴線の種類は経営者それぞれによって様々です。
たくさんの面接に立会い、経営はの方とお付き合いさせていただいた中で
感じたのは、主に3つの傾向があるということです。



(1)ある経営者にとっては「入社への熱意」かもしれません。

この場合には、「志望動機」について切々と伝える言葉が
必要になると思います。

表向きの言葉、例えば

「成長性を感じています」 や
「社会貢献の出来る仕事だと思います」

などでは恐らく経営者の心には何も響かないでしょう。

自分の今までの社会人の経験、転職する理由、そしてその会社へ
入社することの意義、貢献出来ること、などが一つのストーリーに
なっていないとベテランの経営者の方にはすぐ見破られて
ボロが出ると思います。

作ったストーリーでは熱意は伝わらないと思います。

そのためには自己分析をしっかりして、真実をベースに
どうやったら熱意が伝わるかの準備をしてください。

自分がその会社でイキイキと働く姿を経営者に
想像してもらうことが大切です。

もちろん、企業や業界研究も忘れずに。
「随分と詳しくウチのことを調べたんだね~?」と社長に
言わせたら成功です。




次回は(2) 「ある経営者には「人としての品性や器」かもしれません。」
を、掲載いたします。

このページの先頭へ