実戦 転職Q&A

【役員面接のポイント】 VOL.2 ~品性と器~

役員面接のポイント の続きです。

前回のポイントVOL.1では、
「人材を欲しい!」と思う経営者の心の琴線の種類は、
その経営者それぞれによって様々です。

ということでした。

そして経営者の3つの傾向その(1)が、「入社への熱意」でした。
今回は2つめの傾向についてです。


(2)ある経営者にとっては、「人としての品性や器」かもしれません。


面接が終わって、、、

「1時間雑談で終わりました。」
「社長が最初から表情が厳しくて、あまり喋ってくれませんでした。」

これは、実際に最終面接であった話です。



応募者にとっては、この社長さんの反応が、

「単なる顔合わせ」  なのか、
「採用する気がないため」  なのか、
大いに悩むところですよね。



終始和やかに終わったと思った前者で、「不合格」

汗ビッショリの後者で、「合格」 もあるのが現実です。




どうしてこのような結果になるのでしょう。




これは両方に共通して言えますが、「人間性」や「対応力」を
知るための面接だと考えられると思います。

前者は、フレンドリーな中でどのような話題をもって会話が
できる人物か?
素の自分を出せる人物か?
調子にのって礼節を欠かない人物か? など。

逆に後者は、緊張する場面でプレッシャーに強い人物か?
自分から歩み寄れる人物か?
経営陣にも物怖じしない人物か? など。




いずれにしても、面接は型どおりで実施されるものだと思い込まず、
こういうパターンも想定しておきましょう。




次回は(3) 「ある経営者にとっては”仕事への姿勢、スキルの高さ”かもしれません」
を、掲載いたします。
他にもテクニック的なポイントもアップしますので是非御覧ください。

このページの先頭へ