転職者の声

妥協しない心  Sさん(43才)

Sさん (43才) 整形外科用医療用具を製造・販売している日本現地法人

2回目の転職となった今回、北田社長とお会いしました。

2年前に大手人材会社を経由し、初めての転職。
この時は、企業側を担当する営業と応募者側の
担当の間のコミュニケーションが上手くいかなかったりで、
条件面での最終調整の際に納得できない面が
残ってしまいました。

しかし、年齢や職種から考えると担当者からは
「こんないい求人はもう出ないから」という一言に
ゆらいで転職。納得できなかった部分は、結局、
転職してからも消えるものではなく大きくなる一方でした。

今回は合わないネジ穴に無理やりネジを合わそうと
するのは止めようと決心し、再チャレンジ。
何人かのエージェントの方とお会いしましたが、
私自身の向き・不向きと、求人側の募集理由を
明確に話してくれたのは北田社長だけでした。
他の人材紹介会社の方々とは違った一貫した
ポリシーを感じ、非常に納得感のある話を
お聞きすることができました。

正直なところ、内定をもらう前と後では応募者側の
心理は逆転し、大いに迷うことがあります。

私自身、最終決定し退職するまでの時期、
条件面での企業側との最終調整に妥協が入りそうに
なったり、引止めの為に心が揺らいだりすることもありました。
そんな時、「何故、転職を考えたのか?」の原点を
北田社長と再検討することで、客観的に自分自身を
見直すことができたと思います。

転職活動期間が長引いてくると、失業していれば
「とりあえず再就職できれば」と妥協してしまったり、
仕事をやりながらであれば面接を受けつづける
パワーがなくなってきたりする事もあると思います。

そういう時こそオフ・ビートのような頼りになる会社の
方々に羅針盤となっていただき、悔いの残らない
選択を皆様がされる事をお祈りいたします。

このページの先頭へ