転職者の声

転職は縁  Hさん(37才)

Hさん (37才) 営業 広告代理店

私はオフ・ビートの道明さんの以前からの知人でした。

もうすぐ37才になろうかという時に転職を考えましたので、年齢的なことを考えると失敗したくないと言う思いから、再就職活動に関しては確実な情報を得たいと思い、道明さんに連絡しました。

私の条件に合う就職先を探していただくのと同時に、面接対応策について相談に乗っていただきました。また、模擬面接を行い、細部にわたりご指導いただきました。

しかしながら、1社目は最終面接まで行ったものの、不採用でした。再就職の難しさを実感しました。

2ヵ月後、道明さんから連絡をいただき、「君にマッチした会社があるが、トライしてみる?」と言われ、何となく2社目を訪問。何となくというのは、私の経歴から見ればちょっとしたキャリアチェンジなので、本当にマッチしているかどうか、その時は私の中では判断が出来なかったからです。しかしながら、思い切って面接に臨んだところ面接担当官(役員)と気が合い、早々に採用が決まってしまいました。

何となく臨んだ面接で、何となく採用された。というと聞こえが悪いかも知れませんが、転職は縁だなあと感じました。もちろん、道明さんが就職先の業績や社風を事前に調査し、総合的に判断して私に勧めてくれたお陰です。現在は処遇、待遇も良く、有意義な生活を送っています。

転職は恋愛と同じで、きっかけとタイミング。目の前に来たときに逃さないように、どうつかまえるかが大事。と、感じた私の転職活動でした。

コンサルタントのコメント

キャリアチェンジで企業が受け入れてくれるか否かは、「人物像」や「人間性」を企業側がどのように評価してくれるか、というのがひとつのポイントです。

Hさんの場合は、私の知人であったことから、よくパーソナリティがわかっていたので、企業にPRしやすかったし、Hさんにもチャレンジを強く勧める事が出来ました。

ゼロからのスタートも、Hさんの努力で自分の立ち位置を見つけたようですね。これからも頑張ってください。 (道明)

このページの先頭へ