転職者の声

自分の人生プラン -Sさん(33才)

Sさん (33才) システムソリューションのコンサルティング

私は金融機関のシステム子会社からソリューション系の企業へ転職します。

恥ずかしながら自分の将来について真剣に考え出したのはここ1、2年でした。
それまでは与えられた仕事を精一杯やるだけで、そうすればいつか
報われる日が来ると信じていました。

数年前から会社の同僚が転職していくのを見ていて、転職に対して
それまで持っていた悪いイメージが変わり、「キャリアデザイン」や「キャリアプラン」なる
言葉を耳にして、関連書籍を結構読みました。

そこで自分の人生は自分でどうしたいかを考え、それを元に自分で
具体的にプランを立てていくということを認識しました。

これに似たような言葉はもっと前に聞いた事は何度もありましたが、
言葉は理解できても体で実感できていませんでした。

しかし、今は心の底から実感しています。

私が人生でやりたいことは、まだ漠然としていて、社会貢献できれば
いいなあと考えている程度です。
どのような行動で社会貢献するかは、まだ自分なりに見出せていません。
ただ40~50歳の最もビジネスマンとして活躍できる年代の時に、
できる限りの様々なスキルを身に付けておいて社会貢献できる場を
自ら選択していけるように今の30代を過ごしたい、と考えています。

仕事が100%親会社から供給される会社では、一人前のビジネスマンに
なれるか…と不安だったので、転職して、世の中にサービスを提供している
会社で働いてみようと思いました。

オフ・ビートとは、たまたま私のところに電話がかかってきて、会うだけ
会ってみようと思った事が知り合ったきっかけでした。
色々と親身になって私の熱い思いを聞いていただきました。
よく飲みにも行きました。だんだんコンサルタントというよりも、互いの
仕事や人生に対する思いを議論するようになってきました。

本当に色々とお世話になりました。

このページの先頭へ