転職者の声

新しい環境に飛び込む決心 Fさん(30才)

Fさん (30才) ネットワークソリューション企業

転職は本当に縁だなと思います。

私は某OA商社の営業からネットワーク工事・インテグレートの会社の
営業へ転職しました。私が転職活動をしたのは人生で二度目でした。

一度目は27歳のときで、会社を辞めた先輩に誘われるがまま面接を受け、
内定をもらい、契約書にハンコを押す直前で決心が鈍り(会社を移る
ことへの恐怖心もあり)、断ってしまいました。

それ以降、自分で決断したことと頭を切替え仕事に打ち込もうとしましたが、
心のどこかで(仕事が上手くいかなかった時などは特に)「あの時変わって
いたらどうだっただろう?もっと前向きになれて、もっとお金も稼げて・・・」と
いうようなことを考えていました。

そんな私の背中を押してくれたのは、意外にも親しくしていただいたお客様でした。
ある日「いつまで今の会社で働くの?今のままじゃもったいないと思うよ・・・
君ならば違う環境でもきっとやっていけると思うよ」と言われたことがきっかけでした。

これがどこかの人材スカウト会社から言われた言葉であれば鵜呑みにすることは
なかったと思いますが、少なくとも営業として通ってくる人間に真剣に話をして
いただけたことが嬉しくもありまた不思議でもあり、また心の中には30歳を
目前にしたという漫然とした焦りがあり、その2つがきっかけとなり私の
新たなキャリア探しが始まりました。

私も他の人と同じように、何社かの転職コンサルタントへ登録し、
履歴書・職務経歴書を書き、企業の面接を受けということを2、3ヶ月続けていました。
もう少しである企業に決めようと思っていた時に再びお客様の縁でオフ・ビートに出会いました。

それまでお会いしていたコンサルタントの方とは違い、あまりに物事を
はっきりおっしゃるので少々面食らいましたが、率直に意見を言っていただくことで、
私もより真剣に考えるようになりましたし、迷いもありましたが思い切って
新しい環境に飛び込む決心もつきました。

新しい会社に入ってみて新鮮だったのは、小さい会社だけに何かを
決めるときに社長にすぐ話ができ、その場で回答が得られることで
仕事のスピードも上がること。会社が大きいとどうしてもあちこちに
同じ話を何回もしたりと意思決定が遅れがちで、
そういったことに不満を感じていた私には非常に新鮮に映りました。

一生同じ会社にいたら、味わうことのない体験をすることが
できただけでも自分の挑戦は間違っていなかったと思っています。

このページの先頭へ