転職者の声

「一緒になってアドバイス・行動するコンサルタント」  Hさん(42才)

Hさん 42才 営業 FA装置メーカー

はっきりとした形ではなかったのものの、約1年ほど前から
転職を考えながら具体的な行動を起こしていなかった私は、
以前に経験した転職の困難さを十分に知っていました。

また、今の会社でも私の仕事に対してはある程度認めて
頂いていたこともあり、なかなか進まなかったのが現実でした。

以前の転職活動は、まず複数の大手人材バンクに登録することから始めました。
人材バンクの担当者との面談から始まりましたが、
極めて事務的な処理という印象が伝わってきました。

海外での経験は長かったのものの、最終学歴が専門学校卒で、
日本での経験が全くなかった私は、人材バンクの担当者の方も
売り込むのに苦労され、またあまり興味も持ってもらえなかったのが
事実だと思います。

そのうち、こちらの希望していた条件も忘れられ、
「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」方式にて書類審査、1次面接、
2次面接を繰り返し、疲れ果ててしまい。
結局は自分で見つけた会社に就職しました。

今回の転職も、最終的には自力で探すしかないか、と思っている時に、
知人の紹介で北田社長にお会いしました。

ヘッドハンティングというものを聞いてはいましたが、ただ漠然と
「今の自分の経歴では無理だろう」と思っていました。
しかし、転職の具体的な活動も停滞している状態にて、
一度トライしてみようと職務経歴書を提出すると、直ぐに
北田社長ご本人から連絡が入り、一度会いましょう、となりました。

HPを見てどんな人なのか?と少々緊張しながらお話をしていると、
直ぐに非常にざっくばらんに会話をする人だと分かりました。

会社で仕事をしていても良い意味で緊張感をもって会話・議論を
する相手は少ないと思いますが、北田社長はまさにその手の人でした。

また、関東に事務所を構えているのに、関西でのネットワークの存在、
紹介して頂く企業の情報など、びっくりさせられました。
(大手の人材バンクでも情報はあるのでしょうが、
私のような職歴のものには恐らく公開もされないでしょう。)

長々と書きましたが、今回の転職は、北田社長のおかげで非常に
スムーズに活動できました。本当に有り難うございました。

今、転職を考えている人は数多くいると思いますが、
転職を希望する人と一緒になってアドバイス・行動してくれる人が
少ないことを皆さんもはやく知るべきだと思いました。

最後に、転職先の面接の後半部分で、「北田さんに似ていますね」という
コメントを頂きました。
有り難いお言葉であり、光栄だと思いますが、「類は友を呼ぶ」のでしょうか?

コンサルタントのコメント

Hさんと最初にお会いした時は、非常に不安そうで何となく疑心暗鬼、
というか「この人信頼していいんだろうか?」と感じていらっしゃるような気がしました。

ただ、何度かお会いしたり、メールでお話しているうちに私がほとんど
アドバイスをしなくても、ご自分の考えをしっかりもっておられて、逆に安心させられました。

「Hさんと私が似てる」って言われたんですね。なんだか嬉しいですね。 (北田)

このページの先頭へ