転職者の声

大学生時代の心に戻ることができました。  Mさん(33才)

Mさん 33才 ソフト開発 次世代マルチメディア端末の開発・販売会社

北田さんとの出会いは友達の紹介でした。

その当時は転職の雰囲気とはどのような感じだろうか程度のもので、
そんなに長くは話さなかったのを覚えております。
しかし、今回の会社都合による急な転職で、今後についてどうしようかと思い悩んだとき、
数年経った今でも真っ先に思い浮かんだのは何故か北田さんのことでした。
その位、印象が強烈だったのかもしれないですね。

その淡々として、良いことも悪いことも何でも相談できる雰囲気。
実際、右も左も分からない初めての転職という状況で、この信頼できるということはとても大切でした。

おかげで心にゆとりができたせいか、活動を始めて順調に話が運び、
その後も私から のリクエストに対しても直ぐに対応してもらったり、
とてもありがたいことでした。 大変感謝しております。

今回の転職活動を通して、改めて大学生時代の心に戻ることができました。
この”どうなってしまうんだろう俺”というドキドキ感は、やはり、新鮮でいいですね。
何でもいいからとりあえず頑張ろうという気持ちを思い起こしてくれました。

次の新しい環境ではまた1から一生懸命励みたいと思っております。ありがとうございました!
そして、また思い悩んだときは相談させてくださいね(笑

コンサルタントのコメント

「僕は今の仕事をこのまま続けていても大丈夫でしょうか?」
というのが、3年前にMさんと出会った時の第一声。

端末の組込みソフト開発を担当されていて「大丈夫です。
いくらでも仕事はあるから、今の仕事を一生懸命やったらいいよ。
焦って転職する必要はない。」
と僕はアドバイスしたと記憶しています。

そんなアドバイスをしておきながら、「こんな案件があるから、どうかな?」
なんていうメールを何度もしたのですが、
「今は、充実して仕事をしているので、転職する気持ちはありません。」と
はっきりと断られていました(ご迷惑をお掛けしました)。

そんなMさんの会社が人員削減になり、いち早く僕に連絡をくれたのは、
本当に嬉しかったです。

経験・人柄ともに、一押しのエンジニアであるMさんは
第1希望の企業に転職が決まりました。
いつまでもドキドキを忘れずに頑張ってくださいね。(北田)

このページの先頭へ