転職者の声

年齢という大きな壁  Tさん(48才)

Tさん 48才 ソフト開発 電子部品販売会社

オフ・ビートとの出会いがなければ、まさか50歳に近い自分の転職の成功は
とても想像できませんでした。

昨年の夏ごろ、前職の会社にいろいろ事情もあり、また、今まで私が培ってきた
自分の技術、ノウハウをさらにアップさせたいという気持ちから、再び転職活動を
開始することにしました。

最初は、幾つかの大手人材紹介サービスのWEBサイトに登録させて頂いて
いたのですが、見た目上は、確かに色々な求人情報が沢山寄せて来ますが、
自分にマッチするような企業に応募してみたら、殆ど年齢という理由で面接にも
進めることが出来ませんでした。

年齢という大きな壁にぶつかった私は、凄く凹み始めていました。

その時、偶々友人を通じてオフ・ビートの北田さんと出会いました。
まあ、あまり期待はしなくとも、取りあえず登録してみようというのが
正直な気持ちでした。

登録してから一か月以上も経ったのに、週一回程「転職情報メールマガジン」を
届けてくれる以外は、何もありませんでした。
もしかして、北田さんも大手人材紹介サービスと変わりがないのかなと思いました。
(私の知らない内に、北田さんは一生懸命に働いてくれたのに、
ほんとに申し訳ございませんでした!)

紹介して頂いたのは、ソフトウェア開発事業を新規事業として育てようとしているという会社でした。
一次面接から非常に良い雰囲気でした。
企業側は熱心な話し合いの場を設けてくれました。
とにかく社内の雰囲気が良く、新しい業種への仕事の不安もありましたが入社後ちゃんと
教えてくれると聞いていたので、社員を大切にする会社の方針を感じることができました。

一時面接終了後、早々に二次面接及び内定の告示を頂き、私も入社を決意しました。

一つの仕事を続けることも大切、でも、人生にチャレンジも必要。
この半年で私は大きく変わり、たくさんのことを学び経験できたと思います。

最後に、こんなに良い会社を紹介してくださった北田さんにとても感謝しています。

コンサルタントのコメント

「年令の壁」 僕らの仕事には、大きな大きな壁です。

「年令なんて関係ない!気持ちの問題だ!
 20才の老人もいれば、60才の若者もいる!」

・・・なんて口では言っていても、実際に企業から来る求人は・・・?

特に、Tさんの場合は、現役のエンジニアとして活躍されているのだけれど、
どこの求人情報を見ても、殆どが35才以下、時々、40才以下というのが
現実だと思います。

実際に、ご紹介した会社の場合も、「若手のエンジニア・・・」というのが、
求人内容でした。ただ1点、応募資格の中に、あるソフトウェアの経験が
書かれていて、それがキーワードでした。

役員の方に直接お会いして、Tさんの経歴書をお見せしたところ、
早速、現場の方に意見を聞いてくださり、とんとん拍子に面接・内定まで
進みました。

ご紹介した企業さんは、なかなか求めるエンジニアが見つからず、ビジネスの
進展を考えると、早急な採用が必要だったのだと思いますが、トップダウンで
年令という壁を越えて、進めてくださったこの企業の方々には、頭が下がります。

もちろん、Tさんのご経験とお人柄も気に入っていただけたことも、大きな要因で
あることに間違いはないのです。

Tさん、少し通勤時間が掛りますが、是非頑張ってくださいね!(北田)

このページの先頭へ