転職者の声

転職者の孤独とモチベーション  Mさん(27才)

Mさん 27才 運営マネージャー 教育関連サービス事業会社

私は、新卒で入社した会社を、転職のため、4年目に退社しました。

世間には、「転職」の文字が溢れ、良いイメージを描きながらの
転職活動スタートでしたが、実際の転職活動は、非常に「孤独」です。
いくら、エージェントとコンタクトをとっても、同じ「転職者」では
ないので、立場が違います。

それに、大手のエージェントともなると、自分が「大多数の中の一人」で
あることを非常に感じ、親身には相談出来ませんでした。
ちなみに、そう感じてから、私は大手のエージェントを一切使わずに、
転職活動をしました。

採用試験の会場で知り合った他の転職希望者とも話しましたが、
大手エージェントはやはり、一人一人に対するケアーが十分ではありません。

例えば、
「今日で担当部署が変わりました。明日から○○さんは別の者が
担当させて頂きます。」
なんていう電話が、急にかかってきたりするらしいです。
全くあり得ない話しです。
信頼して、身の上相談をしている求職者を、軽卒に扱い過ぎです。

大手のエージェントから身を引き、直接会社に応募しながら、
地道に転職活動を進めていた際、オフ・ビートの北田さんと出会いました。

北田さんの印象は、「明朗」、「強いバイタリティー」と言った感じでした。
会社の上司として、私が一番好きなタイプです。(人間的にも大好きですよ。)

会社で仕事をしているのも、転職活動も同じだと思います。
同じ仕事でも、上司によって「モチベーション」が変わり、「効率」に影響し、
「結果」が異なると思います。

転職も、エージェントやコーディネーターによって、「モチベーション」が
変ること、北田さんに巡り会って感じました。

転職へのモチベーションが上がった私は、北田さんからご紹介頂いた
数社へ応募し、厳しい結果を突きつけられたこともありましたが、
2ヶ月ほどで、納得出来る会社から内定を頂くことが出来ました。

北田さんは、内定まで、非常に親身に見守って下さいました。
選考の度にお電話でお話したり、実際にお会いしたりと、
きめ細かいフォローに、本当に感謝しています。

世の中には、「転職支援」をうたった会社や人間が溢れています。
もちろん「偽物」も「本物」も居るわけで、まずはその選定に疲弊し、
転職本来の意義を見失いがちになります。

転職の意義を考えれば、そんな苦労はしない方が、転職希望者は
救われると思います。
自分との相性の問題もあるので、決して大手が全て偽物という
わけではありませんが、私の経験と実感を通した上で、
「オフ・ビート」という本物を、お奨めします。

最後に、選考会場でもし他の応募者と話す機会があれば、
ライバルと思わず、積極的に情報交換、意見交換した方がいいと思います。

「自分は一人じゃない!」と思えますよ!

コンサルタントのコメント

内定までに少し時間が掛りましたが、
企業の人と4度、見学も2度、と、じっくり
検討できたことが、かえって良かったですね。

ライバルである面接に来ている人との情報交換は
とても良い事だと思います。
面接相手とも情報交換するのも良いと思います。

例えば、志望動機を聞かれた時は、面接相手に
「どうしてこの会社に入社されたのですか?」と
逆に聞き返すくらいでないと!と思います。

最後に、私は、人材コンサルタントとしては少し良いかも
しれませんが、上司としては、大変かもしれません???^^;

新しい会社でも、お友達をたくさん作って、頑張ってください![北田]

このページの先頭へ