転職者の声

【転職は準備(職務経歴書)8割/本番(面接)2割】 Jさん(36歳)

Jさん(36歳) コンサルタント(経営コンサルティング会社)

IT業界でコンサルタントとして10年以上従事してきましたが、
ITだけでなく経営全体に関わる仕事にシフトしたいという
思いが強くなり転職活動に入りました。

そんなある日、某転職サイトの「エージェントからのスカウト」ページに
北田様からのスカウトが。。。

これまでも数社からスカウトは受けていたのですが、
肝心の求人内容が自分と合っていなかった事が多く
あまり期待せずスカウト内容を見てみました。

しかし、意外にも求人情報の内容が私の希望条件を全て
満たしていたので、興味を持ち北田様とお会いする事となりました。

最初に御指摘頂いたのが職務経歴書でした。

これまで自己流の職務経歴書でしたが、初歩的な所から
具体的な御指導を頂き自分でも納得のいく職務経歴書が
出来たのは本当に感謝しております。

この時、職務経歴書に何度も向きあった事によって
その後の面接もスムーズに対応できたと思います。

また、求人企業の経営層と直接会話されている事から、
どのような人材を求めているかポイントを絞ったアドバイスを
随時頂けた事で心強く思い、また大変参考になりました。

北田様
おかげ様で無事内定を頂く事が出来ました。
本当にありがとうございました。

メールの送受信歴にあるやり取りが今は懐かしく思えます。

最後に、
これから転職活動をされる皆様にお伝えしたいのは1点です。

とにかく職務経歴書にこだわってはいかがでしょうか?

職務経歴書に向かい合ううちに自分の強みやアピールポイント、
やりたい事が見えてくると思います。

そして職務経歴書が腹落ちしていれば面接もスムーズに
対応できると思います。

皆様の転職が良いものとなる参考となれば幸いです。                    

以上 御参考まで

コンサルタントのコメント

職務経歴書は、自分の思いの丈を一生懸命に書いても、
求人企業が着目しているポイントを外してしまうと
意味がありません。

それを纏めながら、求人企業を理解していくことも大切なことです。

1次面接に立ち会わせていただきましたが、Jさんの場合、
ご自分を飾ることなく、素直に表現されていたところが、
非常に良かったと思います。

新しい職場で是非頑張ってください。応援しています。

(北田)

このページの先頭へ