転職者の声

【15年ぶりの転職活動】 Hさん(40歳)

Hさん(40歳) 営業(通信機器メーカー)

昨年のちょうど今ぐらいの梅雨の時期、某物流会社向けの
大型システム案件を受注し、納入に向け
毎日深夜迄業務に追われていました。

会社にも活気があり、この時はまだ「転職」という言葉は
頭の片隅にもありませんでした。

前職は電源を製作する小さなメーカーで、5年程前から
業界全体が深刻な不況から抜け出せず、会社の経営は
本当に厳しい状況でした。

従業員へのしわ寄せも影響が大きく、来年の今頃は
生き残っているだろうか?と常に考えていた私にとって、
この時の久しぶりの大型案件の受注には
「この受注が会社を支え、やっと苦しい時期から抜け出せる…」
と、妙な安心感を覚えた記憶があります。

しかしその後の現実は、自分が想像していた事とは全く違う世界でした。

今年の初め、会社の方針により所属事業が縮小・廃止となり、
この時「今までの苦労は何だったのか」という挫折感と、
初めて「転職」という文字が頭をよぎりました。

近い将来、事業がなくなる事を受け、1人2人と長年一緒に
仕事した仲間が途中下車していくのを見るのは、
本当につらかったと思います。

自分も転職活動を始めようとするも、人が少なくなった事で
さらに業務が忙しくなってしまい、時間もない事から、ろくに
活動ができませんでした。

このままでは時間だけが過ぎて何もできなくなってしまう
という負のスパイラルと、腰を据えて転職活動をしたいという
思いが後押しとなり、家族にも相談し思い切って退職を決意しました。
 

今回で転職は2回目、約15年ぶりの転職活動でした。

15年も経つと以前の転職活動の記憶は殆どなく、
転職活動の方法もネット主体で様変わりしており、
さて・・・これから何をしたら良いやらとまさに手探りの状態でした。

WEBで得た情報から大手の転職支援サービスに登録はしたものの、
登録の内容が脆弱で転職のコツ等わかるはずもなく、
最初は全く紹介案件がありませんでした。

在職中に次の職場を見つけたいという思いに反し
結果が得られず、刻一刻と退職日が迫る中、
焦りばかりが強くなってきました。

キャリアアドバイザーに相談をするも、
「しょうがないですよ。不況ですから」
「年齢的に厳しいのでもっと応募数を増やしてください」
「もっと登録内容を膨らませてください」

等、具体的に踏み込んだアドバイスは得られませんでした。

結局、自分ですべて解決するしかないと覚悟し、
登録内容を工夫し、日々更新するも、活動の長期化が
避けられないと半ば諦めていた時に、北田さんからメールを頂戴しました。

書類選考から漏れる等、色よい返事の殆どないメールの中、
北田さんからのメールは「是非一度、お会いさせてください!」という
タイトルで、初めて前向きな内容で非常に強烈でした。

他の人材紹介会社のキャリアアドバイザーとは電話面談が殆ど、
もしくは会っても入り口で10分程度一方的に話されて終わって
しまうのに対し、オフ・ビートさんだけは事務所にお伺いして
じっくりと面談をしていただけました。

営業職の長い経験からか、面会でお話をする際は
必ず相手の目をみて話すように心がけており、
目を見ると不思議と相手の気持ち
(=話に興味を持ってもらえているか?あるいは早く話を切り上げたいか)が
わかる気がするのですが、北田さんは大きな目でじっとこちらを
常に見ながらお話をされていたので、本当に自分に興味を持って
いただいてアドバイスをされているという気持ちが強く伝わりました。

また他のキャリアアドバイザーと違い、北田さんとの面談で
一番感じた事は、ご紹介いただける企業の内情を丁寧に
説明してくれる事でした。

内情まで詳しく説明いただけるのは、やはり企業との強い
信頼関係によるものと感じます。

何度か面談でお話をさせていただき、抱えていた転職活動の
不安も肩こりがとれるように徐々にほぐれていきました。

ここまで親身になってサポートをしてくださるアドバイザーは、
オフ・ビートさんだけだと思います。

膨大な登録データの中から、自分を見つけてくださった事を
本当に感謝しています。

自分の経歴に近い求人を紹介していただき、面接前と後に
丁寧にサポートしてくださった甲斐もあり、
内定をもらうことができました。

後日内定が決まった後の面談で、自分が感じていなかった
顔の表情の変化について、北田さんからお話をいただきました。

初めてお会いした時はやはり、転職に対する大きな不安が
思い切り表情に出ていたそうで、内定が決まった今は
すっきりとした表情になっているとの事。

やはり面談の際によく表情をみていただいていました。

定年迄ちょうど折り返し地点まできた今、この幸運を無駄にせず、
常に前向きに仕事を楽しみながら勤めきりたいと思います。

北田さん、そしてオフ・ビートの皆さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。

コンサルタントのコメント

おっしゃる通り、初めてお会いした時は、
ちょっと元気がなかったかな?

ただ、印象に残っているのが、
「北田さん、よく調べてみたら、この会社のお客さんの業界に
 私も機器を営業していたんです。」

と、ご自身で発見され、それ以来、明るいお顔で
話してくれるようになったように思います。

そして、何よりもこのポイントを企業さんが評価してくださり、
採用まで漕ぎ着けられたことが、一番嬉しかったです。

最終面接終了後、帰路についていたHさんを、
追いかけて、呼び戻し、口頭で内定を伝えてくださった
企業さんにも感謝!です。

新しい勤務先に対して、期待と不安が入り混じる
複雑な気持ちかもしれませんが
是非頑張ってくださいね。応援しています!

(北田)

このページの先頭へ