転職者の声

【コンサルタントは十人十色】 Yさん(34歳)

Yさん(34歳) 人事マネージャー(研究開発型電子部品ベンダー)



私は今回の転職活動で、皆さんにお話しできることは
「転職コンサルタント」についてです。

私が転職を考えたのは今から約5ケ月程前になります。
きっかけは当初、興味本位で転職サイトに登録し、
自身の市場価値の把握や最近の転職動向を肌身で
体験するためといったゆるい考えではじめました。

また、現職は上場企業で経営状態も安定しており
将来はまず安泰であろう企業に勤めておりました。

しかし、私自身この「安定」という居心地の良さにこのまま
浸かっていけば、今後の自身の成長を止めてしまうのではないか?

50歳を超えたとき、私には何が残るのだろうか?
と次第に考えるようになりました。

そんな中、北田社長と出会ったのです。

北田社長との出会いは、サイトの求人案件に興味を持ち
問い合わせをしたところ、直接お会いさせて頂いたことがきっかけでした。

それ以前にも数社の別転職エージェント会社へ登録しており、
お世話になっていたのですが、私の中では何か煮え切らない
コンサルタントの方ばかりでした。

例えば求人案件紹介や面談進捗、内定まで一度も
そのコンサルタントの方にお会いすることもなく内定を頂いた
こともありました。
(結局この時の内定は辞退させていただきました・・・)

また、あるコンサルタントの方はこちらが提出した職務経歴書を
勝手に修正してしまい、面接直前になって

「経験業務のここ追加しときましたよ!
これで面接官からの印象もよりよくなりますので頑張ってください!
経験なんて入ってから覚えりゃいいんですから!」

なんてことをされたこともありました。

良かれと思い、そのコンサルタントもそのようなことをしたのだとは
思いますが、少なくとも私のスタンスには全く合わずそれ以後、
お付き合いは控えさせていただきました。

では北田社長は・・・。

結論から話しますと、
「商売っ気がない、人材を大切に考えるコンサルタント」
というのが率直な感想です。
(これはあくまでも、私個人(求職者側)の感想ですが・・笑。)

慈善事業ではないので当然利益を求めることが一つの目的ですが、
北田社長はその先にある企業と転職者のwin-winな関係を
築けるかどうかを気にかけていました。

どういうことか。

それは、

「企業が求人を出しているということは、そこにウィークポイントがある。
そこを補強、将来への成長を目指すために求人を募る。
そこへできることならば私が直接企業の手助けをしたい。
しかしそれができない(当然スキルも時間も無いわけなので・・)ので、
その代わりに人材を提供し、その人材が成果を出すことで
企業が成長し、やがて社会的貢献にもつながる。」
と北田社長はおっしゃってました。

この信念(想い、理念でしょうか)をもって人材を紹介しているからこそ
北田社長を慕って、企業からも、求職者からも相談を持ち掛けてくる
方々が多い理由だと思います。
(その延長で利益にもつながることは言うまでもございませんが・・)

北田社長のその信念に私は自然と感じることができ、
結果私が望んだ転職を実現することができ新たなスタートを
切ることができました。

私の選んだ転職は、はっきり言ってチャレンジングな転職だと思います。
北田社長にもそう言われました。

それでも私はその「逆境」にあえて飛び込み、それを乗り越え、
更に自分自身を成長させることができれば、50歳を過ぎたときに
何か残せる人材になれると信じています。

また、その結果が北田社長への何よりの報酬ではないのかと
勝手に考えております(笑)

転職は企業と出会うこともご縁ですが、自分自身に合った
コンサルタントの出会うこともまたご縁だと考えます。

今、若しくはこれから転職活動をされる皆さんも、
是非自分自身に合ったコンサルタントと出会えるために
可能な限り自分を出し、そして自身の信念を持ち続けてください。

そうすることで同じスタンス(想い、理念)を持つコンサルタントの方と
出会えることでしょう。

コンサルタントのコメント

商売っ気がないのはいけませんね(笑)反省!!!

Yさんとの思い出は、夜9時に新丸ビル5Fのカフェで話し込んだこと、
求人企業の社長さんとの会食の席で、Yさんが、自らすすんで
ご自身の考え方のプレゼンをされたことです。

Yさんにとっては、大きなチャレンジになりますが、是非粘り強く頑張って、
成果をあげてください。応援しています!!! (北田)

このページの先頭へ