転職者の声

【職を転じて】 Nさん(44歳)

Nさん(44歳) グローバル人事マネージャー(大手食品メーカー)

自分の市場価値はどのくらいあるのだろう?

なかなか進まないプロジェクト、社内政治に汲々とする日々、
この先のキャリア、人の役に立っているのだろうか?
幸せなキャリアとは何だろう?

40も過ぎるとこのような悩みを大なり小なり抱えながら、
それでも家族を抱えていたり、マイホームの借金があったり、
いろいろな理由で組織に身を任せていく・・・
私もそのようなことを漠然と考える一人でした。

「大義を以って事を為す」

これこそが仕事をする上での哲学であり、人の役に立つ
仕事をすることという自身のビジョンを持ちながらも、
実際はなかなかそうもいかない日々であり、
キャリアを登山に例えるなら、必死に頂上のみを目指していく人生。

人のことなんか考えない。
自分が目指す頂をただひたすらに突き進む、大義も何もない人との
温かいつながりの感じられない政治的駆け引き、派閥争い。
ドラマに出てきそうな日々。

「この登山競争、滑落したらどうするのだろう?」

何も残らない喪失感への恐怖。
自分の仕事の意味とは何だろう、何が残るだろう。
これがエージェントへ登録したきっかけでした。

大義のある人の役に立てる仕事は本当にないのか?
一度探してみようという探求心が湧いてきて登録してみたのでした。

エージェントに期待していたことは求人をしている企業と
求職者との間でしっかりと橋渡しをしていただくこと。
そのやりとりの中でもう一度自身のビジョンを実現することが
出来るか、しっかりと考え直したいと思っていました。

ただ、心のどこかではいくつかの企業を知ることによって
今の会社がいかにいい会社であるかということを再認識
することにも利用したいと思っていたことも事実です。

悩みを吹っ切って更に「登山」に勤しむ。
そのきっかけとしたいという気持ちも強かったです。

職務経歴書を作成し、オンラインで登録したところ、
幸か不幸か大手のエージェントをはじめとして数多くの
エージェントからご連絡をいただき、前述のような
やましい理由で登録した訳ですから、当然積極的にはなれず、
断るだけでもてんてこ舞いとなりました。

メールがたくさん届き、紹介企業を受けるか受けないかの
二者択一を矢継ぎ早に迫られ、自身のキャリアや適性は
全く見てもらえないということにも驚きました。

次々と求人企業を紹介され、数を撃てば当たる的な内容に
うんざりとしながらも、エージェントのビジネスモデルを考えると
当然であり、自身の勉強不足と甘さを思い知ったのでした。

北田さんから丁寧なご連絡をいただいたのはそのような時で、
直接会っていただき、
「求人は出してないけど、あなたならこういう会社が合うんじゃないか」
というお話を頂きました。

「求人の出てない会社?」ということで驚きましたが、
魅力的な企業でしたので、是非とお願いしたところ、
その後1か月ほどして、北田さんのご尽力によって面談して
いただけることになりました。

その頃、私は既にキャリアチェンジをしようとしていたことは忘れ、
気分を切り替えて「登山」を再開しつつありましたが、求人を
出していない企業が会って下さるということに縁を感じたので
面談へ赴き、その後運よく内定を頂くことが出来ました。

ただ実際に職を転じるとなると簡単ではなく、失うものへの恐怖、
「今登っている山を下りる」敗北感、後任の手配、様々な
複合的な要素を判断しなければならず、辞めるにしても
美しく辞めたいと思っていた自分としてはかなり腰が引けたのも
事実でした。

それでも決断した理由は、悩んでいる自分に北田さんから
「きれいに辞めるなんて無理だ」という言葉をかけて下さったこと、

またタイムリーに下さるフォローのメールによって励まして
いただいたことが大きかったです。

北田さんとの出会い、転職先との不思議な縁、
きめ細やかなフォロー、このお陰で、登る山を変えて
新しい山に賭けてみることにしました。

キャリアチェンジを考えて良かったことは自分を見つめなおす
ことが出来たことです。

月並みですが、日々多忙な中で自分を見つめ直すは難しい。
自分が流されないようにするだけでも大変です。
面接に赴く道すがら、いろいろな企業の求人を比較する中で、
何が自分のキャリアの中で譲れないのか、また目指していく
ところはどこか自身と向き合うことが出来ました。

65歳をサラリーマンの定年とすると、残り半分、新しいチャレンジを
こうして出来る幸せをひしひしと感じています。

一緒に働く仲間と手と手を取り合うように山に登って行きたいと思います。
北田さん、またご縁を下さった皆様、本当に有難うございました。

コンサルタントのコメント

採用が決定するまでに時間が掛かってしまい、
次年度の組織・人事が固まってしまってからの退職手続きは、
僕の想像以上に大変だったと思います。

「自分の心が怯まないように入社承諾書にいち早くサインをした」
とおっしゃっていたことが強く印象に残っています。

普段のNさんはそんなことを考えているとは思えないような、
明るく・涼しい顔をして、難しい仕事に取り組んでいらっしゃったんですね。
新しい挑戦の場で、Nさんらしさを発揮して是非とも頑張ってください。
応援しています。(北田)

このページの先頭へ