転職者の声

【信じる】 Mさん(52歳)

Mさん(52歳) CTO(ITサービス開発会社)



この度オフ・ビートの北田さんのご紹介、ご支援を受けて、
新しいスタートを切ることが出来ました。

転職活動に関する様々な経験に裏付けられたアドバイスは、
この場で皆様から多く語られている事と存じますが、
今回の活動を通じて私が思ったことを簡単に書かさせて
いただければと思います。

転職活動は何かと不安に捕らわれる事が多いものです。

「希望の転職先が見つかるものだろうか?」
「現収は維持またはアップできるのだろうか?」
「希望の条件は受け入れられるのだろうか?」
「自分の実績を認めてもらえるだろうか?」等等・・・

自分の実力を信じて疑わない自信満々の方であれば、
そんな心配はご無用かと思いますが、
いざ転職を決意したものの、多くの人、特に年齢を
重ねた人や転職が初めての人は多くの不安を抱えて
転職活動を過ごすことが多いのではないでしょうか?

かく言う私もその一人でした。

この不安に打ち勝ち、無事に転職活動を成功させる鍵を、
私の拙い経験上から申し上げれば
「信じる」という事に尽きるのかなと振り返って思います。

その「信じる」には以下の3つがあると思います。

1. エージェントの方を「信じる」
2. 採用企業(その担当者、面接官)を「信じる」
3. 自分を「信じる」



1. エージェントの方を信じる

50を過ぎた転職で、また退職を先に決めて転職活動を始めた
こともあり、私にとって今回の転職は不退転の決意を持って
臨んだのですが、なかなか思うような手応えを感じることが
出来ない状態が続いておりました。

不安に駆られて、10社以上の多くのエージェントの方に
お会いし、いろんなアドバイスや紹介をいただいたのですが、

一方でエージェントの方の会話の中で、
「この位が限界かな?」とか
「貴方はこれくらい」と言った、値踏みではないですが、
そう言った雰囲気が対応に感じられ、向こうも利害で
やっているので、なかなか本音の部分での協力関係って
築けないのかなと思うところもありました。

オフ・ビートの北田さんと初めてお会いし、職歴書の書き方や
服装、髪型までぼろぼろに言われ、最初の面談では
ちょっとショックを受けたましたが、

逆に私のほうでも自分を良く見せたいと思う余りガードしながら、
これまでのエージェントさんと接して居たのではと気付かされました。

まるきりノーガードが良いとは申しませんが、自分を
オープンにする心、エージェントさんの意見を素直に聞く
心構えがないと活動は上手くいかないことに気付きました。

取りも直さず、それはエージェントさんを信じることから
始まると思います。

2. 採用企業を信じる

書類選考なり、面接なりご紹介を受けたり応募した企業は、
採用活動を行っているのですからなんらか課題を持って
人材の調達を求めているわけです。

採用企業のニーズにマッチした人材が中途採用される
という極めてシンプルなロジックを、転職活動を採用される
立場に居ると忘れがちになります。

先方の募集要綱に記載されていない本当の理由や、
採用のキーとなる人材のスペックなどは採用企業にしか
分かりません。

しかし、応募した企業の面接や書類選考が上手くいかなくても、
応募側はなんとなく落とされた理由が分からず、釈然としないまま
次の会社を探すと言うことが少なからずあると思います。

でも、先に書いたとおり、いつまでもそれを引きずるのではなく、
単に条件とマッチしなかったと理解し、決して採用企業に
疑念を持たないことは自分にとっても大事なことだと思います。

3. 自分を信じる

とにかく、応募しても書類選考で落ちる、エージェントさんからは
なかなか良い案件が紹介されないなどという事が往々にしてあります。

私も転職活動が当初の想定通りには進まず、紹介企業も少なく、
面接も不採用などと不安な毎日を過ごしました。

その間は、そう言った不採用結果が重なることで自分の実力や
自信への不安が重なっていくものです。

やっぱり自分の年齢では無理か? とか 
実力はこの実績では認められないのでは?と思ってしまうのです。

でも、そのネガティブ思考は転職活動には大いにマイナスになります。

なぜならネガティブ思考は知らず知らずに態度や、雰囲気に
出てしまうからです。

私もある日、家内になんとなくしょぼくれた雰囲気を指摘され、
また北田さんからの面接アドバイスを受けて、とにかく自信と
明るさ、活力を出すようにしました。

自分を信じて、絶対大丈夫だと思って、転職活動に臨んでください。

2. 3.は「信じる」エージェントさんがいらっしゃれば、
必ず力になってもらえると思います。

末筆ではありますが、こうやってこの原稿を書けるのも
オフ・ビートの北田社長のお陰です。
この場を借りてお礼申し上げます。

コンサルタントのコメント

「信じる」ことはとても大切なことだと思います。

僕らの仕事も「人」と「企業」を信じることが
とても大切な仕事です。

思い起こせば、初めてお会いした時、Mさんは
何となく元気がなかったように思います。

ただ、厳しい会社で、様々な試練を乗り越えてきた
しっかりとした経験をお持ちでした。

転職先でも粘り強く頑張っていただければと思います。
応援しています!(北田)

このページの先頭へ