転職者の声

【転職を目前に控えて】 Dさん(52歳)

Dさん(52歳) 工場長候補(電子機器メーカー)



中小企業ではありますが、役員になり、顧客からの信頼関係も
強固になっている今どうして転職を考えたのか。

50歳を超え、体もまだまだ動ける今、現状に満足していいのか
周りの取り巻く環境、現在携わっている業界、家族、友人など
考えを巡らせ、もやもやとした閉塞感を打破する為には、
まずは行動を起こしてみようと思い立ちました。

ただ、2回目の転職といっても実際活動経験も無く、
ましてネット社会で探すことなど想像もつきませんでした。

この時点では転職先の当ても無く、見つかるかどうかも
分からない状態でした。

年齢的に次の仕事が決まるまでは、今の会社を辞めることが
出来ないため、始めに転職サイトに登録をしました。
今まで何をしてきてどの様な結果を出してきたのかと自己問答を
しながら履歴書、職務経歴書を作成しました。

最初のポイントは、北田さんとの面談になります。

登録はしたものの、強い意志を持っての活動はしていませんでした。
その時、北田さんから面談のお誘いを受け、一度会うことになりました。
最初こそ、的を得ない回答が続いたと思いますが、少しづつ緊張も
ほぐれ、会話が弾んできたと思います。

そこで私が転職を考えるまでの経緯や現在の状況、過去の
経歴等をお話ししました。

北田さんからは転職を勧める話はなく、
「自分がどうしたいのかを考えてみては、」 と。

成功した人も失敗した人も見ていると思いますが、型にはめず
私の話を聞いて頂けましたので暫く北田さんと連絡を
取ってみようと思い、この面談の後、更に一歩踏み出してみようと
考えるようになりました。

それでも、転職活動をするにあたり、現在の仕事内容に
不満がある訳ではなく、周りの仲間とも問題はなく、
外に踏み出すべきか安定した現状に甘えるべきか、考えることもありました。

但し、一度踏み出したからには後悔をしたくない思いと、家族の
後押しにより、転職活動を続けることが出来ました。

そうしているうちに1次面接を受け、最終面接に進むことが出来ました。
ここでも家族の後押しと北田さんのアドバイスのおかげで、
何一つ不安を感じることが無く面接を受けることが出来ました。

現在今の会社の引継ぎと新たな一歩への準備でバタバタしていますが
振り返ってみても、多くの人や仕事に支えられてきたことを実感しています。

仕事に関係なく、何事も縁やタイミングがあると思います、

私はその縁に賭けてみました。
そのことが良かったのか、悪かったのかはこの先の自分の努力だと
思います。

決めたことに悔いはありませんのできっと良かったと思える人生を
過ごすだろうと思います。

友人や知り合いからは
「チャレンジャーだね」
「何を考えてるの」
「何が不満なの」
「よく決断したね」等
色々言葉をかけて頂きました、

今はそれら全てを励ましの言葉と思い、あり難く受け止めています。

最後になりますが、北田さんには
大手で勤めているのではなく、また高学歴でもない自分が
今よりも数段大きな会社に決まりましたのも、
面接前、面接後、結果を待っている時、あらゆる時間で
サポートして頂き、声をかけて頂いたおかげと感謝の気持ちで
一杯です。本当に有難うございました。

コンサルタントのコメント

最初は少し緊張していらっしゃいましたが、
気負いなく、決して自分を大きく見せず、
自然体でお話をさせて頂いたのが良かったです。

初めて第3者の仲介で転職するということで
戸惑ったこともあったかもしれませんが、
奥様やご家族ともよく相談され、心の中に
秘めた熱い思いを持って、ご決断頂いたと
思っています。

海外での新たな挑戦になりますが、是非頑張ってください。
応援しています。

(北田)

このページの先頭へ